Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

” らしさ ” の街、函館 

『 ”懐かしさ” を訪ねて・・・』

L1000990.jpg

横浜・神戸・小樽 等など、”懐かしさ” を感じさせる街は全国に沢山ありそうだ。

全国に在る ”小江戸” と呼ばれる、純日本家屋が立ち並ぶ町並みも、”懐かしい” 街と言われる。

西洋文化が色濃く残る町並みも、”懐かしい” 街と呼ばれる。

函館を初めて訪れても、何故か ”懐かしさ” を覚える異国情緒豊かな街であった。

レトロな赤レンガの建物に・・・どの建物にもカメラを向ける忙しさだった。 記念写真にしか成らないと思いつつ。

聞けば、洋服にしても洋食にしても、此処函館から全国へと広がったと言う。 横浜・神戸からではなく。

『 ”浪漫” の街並、函館 』

L1000987.jpg

赤レンガ倉庫群は、現在 ビアホールやレストラン、居酒屋、雑貨ショップが粋な装いで観光客の目を奪う。

横浜・長崎と共に、日本最初の国際貿易港として開港し、異国の文化が上陸した函館の街並。

赤レンガ倉庫は明治になっての建築物だが、今も海運業が盛んだった頃の面影を留めている。

『 タイムスリップする街、函館 』

L1000989.jpg

特別史跡・五稜郭(五稜郭公園)を訪ねるのも良し!!

時計の針を少しばかり逆に回して、過去への旅を楽しむのもまた良し!!

ペリー提督が、坂本竜馬が、高田屋嘉兵衛が、そして土方歳三が、江戸から明治への旅を誘う。

懐かしい過去の想い出が、語りかけてくれる。 そんな ”タイムスリップ” の楽しさがある。

『 ”らしさ” って、何だろう?』

L1000994.jpg

函館の ”らしさ” とは、赤レンガ倉庫群や教会などのレトロ感を指しているのか?

新鮮な魚介類が楽しめる街を言うのであろうか?

今、函館市では新幹線開業に備えるべく、街づくりが検討されている様だ。

新幹線駅(仮称)は、北斗市に予定され、函館市とは少しばかり離れている。

新駅周辺の大規模開発も計画され、仕方次第では函館への観光客は、札幌へと流出し街の衰退を招くと寄寓。

函館街づくりは、地元市民が推し進めているようで、決して観光客向けへのパフォーマンスではないらしい。

街並づくり計画は、個性化・特殊化を目指した ”函館らしさ” に拘っているとも言われる。

そうであれば、今以上に魅力ある函館として期待も膨らむのであるが・・・

”らしさ” とは・・・

「自分 ”らしさ” 」 と、他人が思う 「私 ”らしさ” 」 とには、違いがある。

自分では、”らしく” 生きていても、他人から見れば私 ”らしく” ないと言う事であろう。

新幹線開業までに、「函館 ”らしく” 」 個性的な街づくりを・・・と。

果たして、函館 ”らしく” 街づくり計画は進むのでしょうか?

そして、他人である観光客が、果たし「函館 ”らしく” 」 なったね、と喜んでくれる事でしょうか?

”らしく” の言葉に、 果たして私は 「私 ”らしく” 」 今日まで人生を歩んで来たのであろうか? と、ふと考える。

旅の途中で思う事って、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 3 TB: --   

コメント

こんにちは。(^-^)

函館は、昔から、けっこうハイカラな街だったんですね!(◎_◎;)

煉瓦造りなど、歴史的な建築物も多そうですかね~。

・・・とすれば、古きと新しきをうまく調和させて、「新しい函館らしさ」を演出できるのかもしれません・・・(*^^)v 広いのも魅力ですね!

天命と自分らしさが、うまくかみ合っていると素晴らしいと思うのですが、そううまくいくかどうか・・・(V)o¥o(V) そうは問屋が・・・

妖精ボージー #- | URL | 2015/07/05 13:51 - edit

話が面白く

”妖精ポージー”さん、こんにちは

函館は小樽より良かった!!と思った。倉庫街はどちらにも在るのですが・・・
今回は、地元のボランティアのおじさんが、丁寧な解説をしてくれたので、単独の旅よりは、函館の事がよく判りました。

其れ以上に、タクシーの運転手が中々の話上手なのには驚きました。
観光案内書には無い謂われとか、裏話が面白く楽しい旅となった。

夢旅人 #- | URL | 2015/07/06 14:25 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/07/06 14:58 - edit

コメントの投稿

Secret