Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

山椒は、小粒で・・・ 

『 山椒は小粒で、ピリッと辛い 』

L1001054.jpg

暑い夏がやって来た。 ビールが美味い季節である。

其の美味さは、麦汁だけでは味わえない。 肝心なのはホップである。

写真も風景だけでは殺風景な場合がある。

何気ない仕種の人物が一点でも入れば、画面が引き締まる。

人物の存在は、”山椒” の効果をもたらす場合がある。

『 待てど、暮らせど・・・ 』

L1001050.jpg

 待てど暮らせど 来ぬ人を 宵待ち草の やるせなさ 

写したい光景だけでは寂しく、人の気配が欲しくなる時がある。

雰囲気が出したくて、格好の人物の登場を、今か今かと待つ事もしばしば。

時間制限がある中での人待ちとなるのだが・・・思うような人は現れては呉れない。カメラマンのやるせなさである。

『 画面に、アクセントを・・・ 』

L1001043.jpg

街路灯に輝く石畳であるが、其れだけでは何の面白さも無い。

面白くない風景でも、人物が入れば又、別の味が出る事もある。

シルエット気味のお二人さん登場と相成ったが、仕種がチョット変だけれど・・・

人物が物語を語れるシーンを与えてくれる。

『 臥 龍 点 睛 』

L1001046.jpg

華道で言う言葉に、”主” と ”副え” がある。

歌舞伎でも、ワキ無くしてシテだけの演技では物語は完成はしない。

写真でも、主たる被写体だけでは面白さの演出は出来ない。

其処へ、”副え” が登場して初めて、場面に奥行きが出てくる。

「人物が、写真に生命を吹き込んでくれる」 「点景が、画面にアクセントを与える」

『臥龍点睛』・・・写真にも共通の意味を・・・

写真の面白さって、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

こんにちは。(^-^)

確かに人物を入れると、生き生きとした躍動感や雰囲気なんかがでて、写真自体が、自然にお話をしてくれるようです。

ただ、顔を入れることができないので、私はほとんど後ろ姿になってしまいます・・・(^_^;)

妖精ボージー #- | URL | 2015/07/21 15:29 - edit

顔は見えない方が・・・

”妖精ポージー”さん、コメントありがとう!!

いや~、このご時世です。
顔が真面に写っている写真は危険ですから・・・

私も同じく、人物は後ろ姿か、せめて横からですよ。
ただ、点景として小さくても良いから、人物をチョコット入れたいと思っているだけです。
その方が、画面に動きが出るかな?と・・・

夢旅人 #- | URL | 2015/07/21 20:30 - edit

コメントの投稿

Secret