Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

旅は・・・ 

『 旅は道づれ、世は情け 』

L1001060.jpg
         街並探訪まえに、ガイドさんがスケジュールが説明

”一人旅” ”二人連れの旅” ”団体旅行” ・・・旅の形態は其々だが・・・

観光ツアーでの見知らぬ同士の出会いも、また楽しいものである。

ガイドさん曰く、「今日は皆さんに沢山の場所を案内しますよ~。昨日から資料を集めましたから・・・」 と。

此の時には、誰もブラブラ観光と思っていたようだが (強行軍とは未だ知らずに) 。

参加者は皆、オトシヨリだから。 と思いきや、ガイドさんが一番の年長者とはね~。

『 ”愛” あってこその、ボランティア 』

L1001066.jpg
      スタッフ・ジャンパーの、可愛らしいこと

ピンクで染められた ”愛” の文字。若々しさと優しが伺える。

地元を愛し、観光客を愛し、無償で案内とは少々気の毒にもなる。

『 袖振れ合うも、多生の縁 』

L1001076.jpg
             観光案内書には無い話に、興味も湧く

初めて会った8人の観光ツアーだが、直に親しくなり、お互いに話に花が咲き始める。

如何なる場合でも、人が知り合うって ”縁で結ばれ” ているのであろう。 多生の縁と言うからには。

『 旅の想い出は、人生を二度楽しませる 』

L1001113.jpg
        ガイドさんの足の速さに、付いて行けないお年寄り軍団

人は何故 ”旅を” するのか? ただただ、雑踏の中からの脱出なのであろうか?

見知らぬ土地で、初めて見る景色に感動し記憶の底に留めようと。

将来、記憶の中から ”旅” の想い出を楽しもうと。

”旅” は、その時楽しさを与えてくれ、思い出した時、改めて楽しませてくれる。

一度の旅で、人生に二度の楽しみをプレゼントしてくれるのが ”旅” なのであろう。

『 一人旅は、自由気儘に・・・』

L1001115.jpg
        83歳のガイドさん、お元気な事!!

ツアーも終わりに近づくと、皆がガイドさんとなるようだ。

解説しているのか? 質問しているのか? 誰がガイドさん?

旅の楽しみ方って、人其々と思うのだが・・・ 私は ”一人旅” も好きである。

時間に制約されず、自由気儘に足を向ける事が出来、

そして一番面白いのが、地元の人との会話を楽しみ、”生きた文化” をも楽しむ事が出来るから。

想い出に写真を沢山撮り、記憶の底に仕舞い込むのも楽しいが、

撮った写真をブログにUPし、皆と楽しみを共有するのも、また一つの手でもあろう。

旅にはカメラを連れて、思いで作りを楽しむのがベストかな?

団体旅行も楽しい旅の一つである。 何と云っても旅の楽しさを共有でき、会話を楽しむ事も出来るから。

旅の楽しみ方って、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

納得。

う~ん。
一番良い、旅と写真の楽しみ方ですね。

一ノ瀬 #- | URL | 2015/07/22 19:46 - edit

好きな事をしよう!!

”一ノ瀬”さん、おはよう!!

写真するって・・・なんて事、考える必要もないよね~。
写真撮影の行為そのことが好きなのだから。 そしてカメラをイジル事が好きなのだから。

酢酸の匂を嗅ぎながら、暗室で ”あぁでもない、こうでもない” とフォコマートを上げ下げするのも又楽しかったよね~。

近くを散歩しても、旅をしても、ファインダーを覗く行為に興味を覚えるのでしょうから・・・
結局は、「好きな事を、好きなように」 が答えでしょうかね?

夢旅人 #- | URL | 2015/07/23 09:15 - edit

こんにちは。(^-^)

確かに、いろいろな場所で年配の方のボランティアさん、多く見かけるようになりましたね。

皆さん、説明される時は生き生きとされてます!(*^。^*)

好きなことで人と触れ合い、お役に立てることのできるボランティア・・・見ていて素晴らしいなと思うのですが、これといって知識のない私には、なかなかできそうにありません・・・(^_^;)

妖精ボージー #- | URL | 2015/07/23 15:54 - edit

ガイドさんには・・・

”妖精ポージー”さん、こんばんは

いやぁ~、本当にボランティアさんの健脚には驚きました。
彼が言うには、「皆さん足が遅いので、予定の半分しか案内出来ませんでした」 と。

お昼ご飯の時、ガイドさんも一緒に昼食と思っていたが、昼食はご自分でと一時退却されました。
食事をしながら話を聞きたかったのですが、ね。

ガイドブックには載っていないような裏話なんかも聞けて、面白かったです。
それにしても、無償の行為には気の毒な思いをしました。
「人の為に・・・」 この行為の大切さを感じた函館の旅でもありました。

夢旅人 #- | URL | 2015/07/23 20:33 - edit

コメントの投稿

Secret