Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

廻る輪の如く 

『 生命は、廻る輪の如くに 』

L1001251.jpg

”死” には、二つだけ確かな事がある。

死ぬのは絶対に確実だと言う事。 しかし、何時どのように死ぬかは不確実と言う事だ。

確実な事は動かせないが、死の不確実性だけは我々が手にする事ができ、其の不確実性にしがみ付いている。

不確実性の ”死の恐怖” の中に生きている私たちであるが、それは私たちの本能的欲求が、

死にたくない・生き続けたいと言うアーラ耶識に起因するからである。

死を恐れる最大の原因は、「自分が誰であるか?」 を知らないからで、生き方に潜む本質的な悲劇でもある。

心の最深部に ”生きつづけたい欲求” があるのであれば、何故 ”死は終わり” だと言うのであろうか?

死について考え、死後について語る必要もあるのではないか?

『 死ぬまで、生きる・・・』

L1001273.jpg

思考や感情ほど予測しがたいものはナイ。 確固たるもの、永遠に続くものなど何処にもナイ!!

何もかも死につつあると言う事を、無常を本当に理解しているのか? 実感しているのか?

「私たちが手にしている、たった一つのもの・・・それは現在性 ”今” だけなのだ」

”今を生きる、死ぬまで生きる” 事の本当の意味が此処に在るのではないか。

『 甦 る 命 』

L1001254.jpg

死は、二度と戻らぬ時の流れでは決してない。 死には存在がある。

学のある人々には、死は消滅であり非実在とされたが、

来世とは、生前この世で神々を喜ばせた人の行く処と想像し、超自然世界で安楽の地と考えた人々もいた。

霊魂輪廻転生説は、早くも現れていたのである。

此のシダも太古の昔より輪廻転生を繰り返して来たのだろう。 無限に続く命は、恰も廻る輪の如しである。

現実の此の世では、死ぬ事は易しいが、生きる事は難しい。 其の事が転生思想を産み出したのか?

生を全うした倒木や、青々としたシダを眺めていると、”生と死” について考えざるを得ない。

自然に学ぶ ”死生観” って、「こんなもんなの~?」


スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 5 TB: --   

コメント

こんにちは。(^-^)

死とは、単に体という物質から、自分自身(思考するエネルギー)が離れること・・・私には、実に単純明快なことのように思われますけど、こればっかりは、「じゃ~、一度やってみますから、よく見ててね!」っていうこともできませんしね・・・(^_^;)

体から離れたとしても、エネルギー体になった人を、この世の人は、普通見ることはできませんし・・・。

まっ、皆さん、いつか必ず死ぬんですから、実体験するしかないですよね・・・死んでからのお楽しみ・・・と言いますか、実体験することが恐怖に感じている人がほとんどなんですが・・・(V)o¥o(V)

妖精ボージー #- | URL | 2015/09/09 15:40 - edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/09/09 21:22 - edit

思いは・・・

”妖精ポージー”さん、こんにちは

”死” とは厭うものなのでしょうか?
最近、歳の所為か?”死” について考える事が多くなりました。
「厭離穢土 欣求浄土」 とは云うが、果たして ”あの世” が有るのか?無いのか?・・・
そんな事はどうでもイイ事だが、自分の人生を振り返り、残り少ない余生の生き方を思案する昨今です。

あの世に旅立つ前に、近江八幡と長浜にでも遊びに行きたいのですがね~。
10月中旬ぐらいが季節的にイイのか?と思っている。
その時には、写真をUPしますよ!!

夢旅人 #- | URL | 2015/09/10 11:17 - edit

ムムム…。
最後のカット好きだな~。

お元気ですか?
私は相変わらずダラダラやってます。
そしてブログの方はスカスカです。
そのうちガツガツアップします。
たぶん(^_^;)

ちくわ #- | URL | 2015/09/15 08:16 - edit

どうしたの?

”ちくわ” さん、お久しぶりですね~

最後のカットが写したくて、写したくて。 どのように色調を?と思案した結果のカットです。
このカットが気に入ってもらえて、本当に嬉しいです。 ありがとう!!

それにしても、”ちくわ” さんのブログはどうしたの???
チンしたにしては、長すぎるのでは~ありませんか!!

夢旅人 #- | URL | 2015/09/15 10:02 - edit

コメントの投稿

Secret