Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

母性に願いを・・・ 

『 ウルトラマンの原型なのか?』

L1001761.jpg

加曾利貝塚では、土偶や土器を作る愛好家の教室があるようだ。

その中の会員が創作した土偶だが、縄文後期に椎塚貝塚で発見された土偶を再現したもののようだ。

豊かな乳房は縄文土偶そのものである。

『 天空を仰ぎ見ているのか?』

L1001655.jpg

腕を広げた、実にのびのびとした土偶である。

鋭利な道具で描き出された胴部の細密文様。

体つきは奇妙だが、刻まれた文様は繊細で巧妙である。

奇妙なアンバランスが人々を魅了してきたのであろうか?

『 花瓶として使っても、面白いかも?』

L1001762.jpg

縄文中期の鋳物師屋遺跡から発掘された、筒形土偶を模して作られたようだ。

頭の上に穴が開いていたか?どうか?は判らないが、花瓶としても意外性が強く面白いのではないか?

花瓶の様な奇妙な土偶であるが、中空土偶で中に土玉を入れ、鈴の機能を持たせたのかもね~。

『 埴輪を思い起こさせる土偶 』

L1001618.jpg

ネックレスを首に掛け、腰にも装身具を?

顔の表情は、埴輪の原型になったのか? 垂れ下がった柿の種状の目に、口の表情はため息を?

『 授乳中なのか? 愛し児を抱く土偶 』

L1001665.jpg

脚の形が自然で、横座りで授乳中なのか? あやしているのか? 我が子を抱く微笑ましい土偶だ。

このような土偶は、縄文中期の最盛期でも目にする唯一の稀品土偶だ。 完全無欠であれば国宝にも?

何気ない日常の、母親の姿を表現した土偶である。

果たしてこのような土偶の目的や用途はどんなものなのか? 想像を掻き立てられる。

『 土偶は、何故女性像ばかりなのか?』

イギリスの著名な考古学者・V・G チャイルドの名言に、

「人類が、最初に応用した化学変化の産物こそが、土器である」 と。

そのままでは使いようもない粘土だが、土の神・水の神・火の神に ”神のなせる技” が加われば、

全く違った硬い重宝な物質へと変化する。 この化学変化に畏敬の念を人類は抱いたに違いない。

変化する自然現象に、例えば太陽の運行に、木や草花の再生に、そして母親から子孫への継承に・・・

旧石器時代のチェコ共和国から、土器も無い時代に、なんと粘土で作った女性の人形が発見された。

人類最初の土器は素焼きの焼き物・・・”女神” だったのである。

神の力によって為せる素焼きの制作物に、女神・女性を選んだのは当然の帰結であった事だろう。

輪廻転生を願い、それは女性の成せる神秘性に・・・

最初の土偶が女性像なのは自然の成り行きであったのだ。

女性の偉大さに驚きを隠せないのは縄文人も現代人も同じことであろう。

土偶を眺めながら思い事って、「こんなもんなの~?」




スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

こんにちは、うちの近くに埼玉古墳がありますがこれとは全然違いますね!ウルトラマンの原型とはいかなくても人間の原型が変化したような気がします。

purotoko #- | URL | 2016/04/10 11:06 - edit

煎餅のような・・・

”purotoko”さん、こんばんは

埼玉古墳って、ふじみの市の亀居遺跡ですか?
此処から出土した土器に、縄文中期の 「阿玉台式土器」 と呼ばれる有名な土器がありますよ。
金雲母を含んだ特徴ある土器で、口縁を四角い焼き煎餅のような取っ手がある。 流石に埼玉なのか?草加せんべいの期限なのか?ね~!!
何はともあれ、縄文時代は興味をそそられる物が多いですね。

夢旅人 #- | URL | 2016/04/11 19:57 - edit

コメントの投稿

Secret