Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

”赤” の魔力 

『 鬼灯の魔力に・・・』

L1010157.jpg

鬼灯(ほおずき)の魔力とは・・・

先人たちは、”鬼灯” には、何か解からないが不思議な力があるよね、と考えていた。

”鬼灯” に限らず、赤い物は不思議な力を秘めていて、

其の不思議な力によって、お盆に帰って来た先祖の霊魂や、

清浄にした場所を魔物から守って欲しいと考えた。

盂蘭盆会・施餓鬼供養の折に、盆棚の周りの東西南北と中央に笹を立て、

周りを縄で囲い、鬼灯をぶら下げるのは、せっかく清浄にし結界した棚に、

周りから魔が入り込まない様にとの願いから、鬼灯を吊るすものである。

昔の人は、赤いものには何か不思議な力があるよね・・・と考え、

お彼岸なんかには、赤い色の ”おはぎ” を供えるのだ。

回忌法要をはじめ、盂蘭盆・施餓鬼供養、お彼岸など、仏事は沢山あれど、

意味も考えず、ただただ 「なんだか、しないと落ち着かないよね」 と儀式化した寂しさを憂う。

寺も僧侶も、大衆に意味の説明もせず、ただ読経だけすれば ”それでいい” なんて・・・

釈迦の教えは、一体全体どこへ行ったのか? 

我を産みし父母も命の由来を知らず、命を享けし我が身も亦、死して去る処を知らず。

折角の盂蘭盆供養で亡きご先祖が返ってくるのだから、

せめて其の意味を大切にし、今ある命に思いを馳せるのは大切な事と思うのだが。

鬼灯に想いを馳せるって、「こんなもんなの~?」


スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret