Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

”74” の想い出 

『 「山 5 ・・7 4」 』

IMG_20160928_085713 (2)
  48年前、乗っていた ファット 850 スパイダー (ドライバーは私ではない)

此の車の前には、フィアット 850 クーペ に乗っていたが、オープンに乗りたくて下取りに出した。

登録されたナンバープレートを見れば、「山 5 ・・7 4」 だった。

思わず、此れはイイ~!!と。 何と言っても、”借金 無し (74)” と読めるよね~と。

実はこの時、持ち金はゼロどころか借金だらけ。 車は頭金ナシの丸専手形で購入していた。

”若気の至り” と言われるが、”無鉄砲・無責任” と言った方が当たっているようなもんだった。

『 は”74”(話)に 花が咲き・・・』

L1010181.jpg
 世田谷 テラ セゾンのケーキに、LENOX-AUTUMN ティーカップ

”車” と ”ケーキ”・・・変な取り合わせだよね~。 共通するのは、「7 4 」 という数字。

私の74歳の誕生日に、娘が東京駅大丸で買ってきてくれ、誕生日の会話を楽しんだ。

ケーキはティーカップだよね~と、久しぶりに紅茶の味を楽しんだ。

カップはレノックス製、プレジデンシャル コレクションで、秋の気配が楽しめるカップだ。

”74歳” この歳になって思うのは、権力ナシ(74) 名誉ナシ(74) 財力ナシ(74) なんだよね~と。

但し、穏やかに生活出来ているのは・・・借金ナシ(74) のお蔭だよね~。

孔子は論語で曰く、「三十而立 四十不惑 五十知名 六十耳順 七十従心」 と。

私は、七十四而 ”死不恐”・・・何時お迎えが来ても良いと、心安らかな境地になる。

”苦” もな く”労” もなく、あるのは ”老” のみだが、「7 4」を迎えて今の心境は、”無” と ”空” なのかね~?

そう言えば、財はナシ (74) だが、あるのは虚しさ (空) だけかな~?

「生死即涅槃」・・・生きているからと言って、ぬか喜びする事はなく、死ぬからとして悲しむ事も無い。

とは言え、立ちくらみと目眩が・・・願わくば此れが 「7 4」 になる事を・・・

”7 4”歳に思う事って、「こんなもんなの~?」 



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

はじめまして。葉月と申します。
こんな味わい深い文をお書きになられて、
歳を重ねるって素敵ですね。
お誕生日おめでとうございます。

葉月 #- | URL | 2016/09/29 16:42 - edit

こんにちは、お変わりありませんか?
(ドライバーは…)の一文に思わず笑ってしまいました(笑)

”74”、面白いゴロ合わせですね〜。
”74(ナシ)”にも色々あるかと思いますが、読んでいて、74からしか得られない楽しさや喜びもあるかな〜なんて考えました。なんでもあれば豊かで幸せとは限りませんものね。
いつも親孝行な娘さんに、私も見習わないとなぁ(笑)

シィ #- | URL | 2016/09/29 18:21 - edit

歳を楽しむ

”葉月” さん、こんばんは。 お久しぶりですね~。 以前 ”葉月” のブログを訪ねても一年にもなるでしょうか?ね。
私は抹茶入りのアイスクリームが好きですが、糖分とカロリーが高いので食べるのを控えているのが現状で残念です。
夏も終わりを告げ、近くを散歩していると色々な可愛いキノコを見かけます。 
近くにある小さな幸せを感じる事が出来ます。こんな足元の幸せにカメラを向ける心って、本当に素敵ですね。
また、しばしば訪問させて頂きます。今後とも宜しく!!
※ 歳を取るって、マイナス・イメージを抱く方も多いかと思いますが、歳を重ねることで見えてくるものもあります。
余生をカメラで楽しみ、下手な文を重ねている次第です。
「下手こそ、ものの上手なれ」と言うが、何時まで経っても上手には成れません、残念ながら・・・

夢旅人 #- | URL | 2016/09/29 20:20 - edit

歳は取るもの・・・

”シイ” さん、こんばんは。
74歳になって、過去を振り返り、老い先を”いかに生きるべきか”なんて事を考える昨今ですが、「下手な考え休むに似たり」なんて私の為に有るのでしょうよ。
若い時は、”自分の金は自分のもの。人の金も自分のもの” ではないが、無茶と無謀の日々でした。後悔先に立たずと言いますが、何事も経験が一番。 お蔭でしっかりと反省の人生を送って来ました。
あの黄色のオープンカーも後先考えずに手形を切りました。不渡りになる前に知人に60万円で買ってもらったので、不渡りは避けられたが・・・無責任極まりない事でした。
まさか、あんな古い車の写真があるとは知らなかったが、ネットに掲載分を拝借しました。
ドライバーは外人でしょうね。ハンサムな男性の様です。
「正月は目出度くもあり、目出度くもなし」 ではないが、この年まで生きて来て本当に目出度いのでしょうか?ね。
歳を重ねると、その分だけ過去を楽しむ事が出来るのが一番のメリットかな?
せめて子供達には全うな人生を送ってくれるように願うばかりです。
「後悔先に立たず」ですからね~。

夢旅人 #- | URL | 2016/09/29 20:34 - edit

コメントの投稿

Secret