Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

ゆく春 

『 杏 あまさうな人は 睡むそうな 』   室生犀星(句)

バラ科・サクラ属の木に、プラナスがある。漢字の「杏子」の唐音から “あんず” となった。

中国原産で奈良時代には、梅と共に渡来したようだ。

「杏林」の故事は、呉の国に董奉(とうほう)という仁医がいて、

貧乏人からは治療代を取らずに、代わりに症状の軽い人には、杏を一株、重病人には杏を五株植えさせた。

数年後には、家の周りには杏の林が出来、それ以来「杏林」は医者の尊称となった。


2011-10-08 華1350
         千葉県・習志野市、「さくら広場」のパンフより

以前、此処に「さくら広場」がある事は通り掛かりに見て知っていた。

隣のレジャ-・センターの駐車場に車を入れ、散歩がてら入園した。

サクラの時期は過ぎようとしていて、既に葉桜に成ろうとしていたが・・・

天気予報では二日後には雨模様と予想が出ていた。

杏の花が咲く此のころに降る雨を「杏林雨」と言うそうだ。何となく風情を感じるのだが・・・


2011-10-08 華1345

『 初恋は 杏子の花の 匂いする 』  小寺燕子花(句)

初恋の女性と、いま愛する“らら”をお供に、「さくら広場」へと・・・

杏子の香りはなく、サクラの香りも薄れた時期ではあったが。


2011-10-08 華1346

管理棟を過ぎると、右手には休憩所が設えてある。其の向こう左手には“お手洗い”がある。

「さくら広場」は、日本を代表する建築家・安藤忠雄氏の設計によるものだ。

総面積31,500㎡に、ソメイヨシノが505本植えてある。

何と云っても壮観なのは、サクラ一色で全体がピンクに染まると云われる。


2011-10-08 華1347

葉桜になっているので来訪者は殆んどなく、4・5人の人と出会うだけだった。

安藤忠雄氏のメッセージには、

「桜は人の心をとらえる。なぜか?

古来、わたしたちは自然を愛し、四期の変化に敏感に生活してきた。

梅や桜の開花時期を心待ちにする国民性は他国にはない。


気候異変が多発しているいま、地球環境を保全するために、

一人ひとりが考えなければならない時期にきている。


この桜の公園を訪れた人々の感動が、地域から、そしてアジア、

世界各地へと広がり、地球環境を大切にする思いにつながってほしい。」と。


2011-10-08 華1348

水路の一角に淀んだ水溜り。花弁が気怠そうにくるくると回っていた。

残念なのは、スロー・シャッターが切れないので、流れ動く花びらの雰囲気を出せない。

此の「さくら広場」には噴水池があり、周囲がマウンドになっておりスロープが一周している。

スロープの一番上から眺める広場は、サクラの香りに蒸れ、見事なピンク一色になることだろう。

6年前に開園したばかりなので、木々は小さく枝々の空間も広く、写真に撮るより見る方が遥かに綺麗。

来春には、再度訪ねて花見に興じ、満開の又、散るサクラを撮影したいものだ。

『 花は 白いの。薄紅。薄墨もおもしろい。

       風が吹く折の群雲もまたおかし 』
  “てんくら”


来春への私の思いって、「こんなものなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

政治は混迷し、国土を守る緊張感も気概も為政者には欠落しており
自分の身の保身に奔走しているだけ。国会中継を見ていると
つくづくこれが日本を動かしており、未来を託す存在なのかと思うと
嫌気がさしてきます。
それでも、この国は文句無く美しい。
海外に行くと、余計にそう実感します。
はっきりとした四季の変化があり、寒く厳しい冬があるからこそ
優しくそして鮮烈な桜の季節を待ちわび堪能することが出来ます。
私がこれから付き合って行くだろう相手は思想主義者の集団ですが
学生の頃は毛嫌いしたその思想も、今はなぜか昔のように嫌いには
なれず、むしろ日本人にとって必要なアイデンティティのように
思えてきています。
この国を愛するということはどういうことなのか。
今一度自分に問い直しています。

青竹 #- | URL | 2012/04/19 14:52 - edit

愛国心か~?

“青竹”さん、こんばんは

プロの政治家が、今の政界にはイナイ事が原因でしょうか?
そんな政治家達だから、当然の事 “愛国心” なんてありはしない。

私は海外の経験がないので良くは判らないが、日本ほど美しい国は世界中でも珍しいのでしょう。
人の気質も気候風土も・・・

『やまとごころ』という言葉あり、大好きな言葉です。
「 しき島の やまとごゝろを 人とはゞ 朝日にゝほふ 山ざくら花 」
本居宣長が“倭”より古い“やまと”を意識し詠んだ歌だ。

国民性は、「和を尊ぶ」事を最重要視して来た国民なのだ。
世界の現状を見るにつけ、「和を尊ぶ」事の重要性は、火を見るより明らかだ。

私もそうだが、“青竹”さんも古い人間ですね~!!“愛国心”を考えるなんて・・・



てんくら #- | URL | 2012/04/19 21:08 - edit

桜はきれい!・・もちろんそれだけでも
良いのですが、そこから少しだけ考えを延長させて
地球環境問題を意識できれば・・いいですね。
大きく考えると・・何もできないかも知れませんが
少しずつ、ひとりひとり・・
切に願います。

zak #0MXaS1o. | URL | 2012/04/19 22:08 - edit

破壊はダメ!!

“zak”さん、こんばんは

“宙ガール”のお友達は出来ましたか?
キャンプ程、健全な遊びも少ないので、“宙ガール”の参加は楽しみですね。

昔、野山を汚すのはカメラマンにも責任がある・・・と、ある人に云われた事がある。
勝手に人の敷地に入り込み、草花をなぎ倒し、木々の枝も折って行くと。
山を愛する登山家も、ガラクタを勝手に捨てて山を下りる・・・
いつの世も、自分だけが良ければ、それでイイと、言わんばかりに。

富士山もエベレストも、ゴミの山とはよく言われますが、一人の日本人がエベレストを綺麗にしているという報道がありました。尊敬に値する行為に反省しきりです。

自然を愛し、大切にし、皆が清掃する気持ちを持ちたいものです。
「地球環境問題」も、自然を大切にする事からが第一歩でしょう。
大きな事より、小さな事から始めたいと私も思っていますが・・・
果たして環境を破壊しない日々を送っているのか?疑問です。

てんくら #- | URL | 2012/04/19 23:33 - edit

コメントの投稿

Secret