Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

Xmas は、ワインで・・・ 

『 ”ミサ” には、パンと葡萄酒がつきもの 』

L1010351.jpg

イエス・キリストの降誕は、此の世の救済にキリストが天から降りて来たと言われる・・・

是が、クリスマスの起源説となっている。

Xmasは、神の子イエス・キリストの降誕を記念する日で、”キリストのミサ” を意味している。

「フィロカリアン・カレンダー」 によれば・・・

12月25日 キリストはユダヤのベツレヘムの馬小屋で生まれた事になっている。

Xmas eve に盛り上がるのは、イスラエルでは日没から新しい一日が始まるので、

12月25日の夜とは、24日の日没から25日の日の出までとなるからである。

我が家はクリスチャンではないが、キリスト降誕を祝してワインで乾杯を。

『 科学では解明できない、キリストの誕生 』

L1010354 (2)

聖母マリア、処女ご懐妊。 ベツレヘムの馬小屋で誕生といわれるが、処女の懐妊って事あるの~?

非科学的と言っても意味のない事なのだが、世界の七不思議の一つなのかね~。

”キリストのミサ” がクリスマスなのだが、ミサには種なしパンとワインが付き物。

我が家でも、パン(バケットだが)とワインを・・・クリスチャンに敬意を払って?

キリスト教のミサでは、最後に聖体拝領があり、種なしパンと赤ワインが配られるが、

時代も変わり現在では、お菓子やキャンディーになっているようで、是って手抜きと言う事なのか?

パンとワインで、神であるキリストと同体になる・・・スコラ哲学の不思議とでも言えるのか?

宗教はどんな宗教でも、不思議に溢れている。 屁難しい宗教哲学なんて、どうでもいい!! 

Xmasは、商売人に踊らされ、踊る事に面白さがあるのでしょう。

”キリストのミサ” なんて言っても、何処の協会でも ”パンとワイン” が頂ける訳ではない。

貰えるのは、聖職者と特別の人だけ、一般の信者はお菓子で誤魔化されるだけだ。

つべこべ言わず、クリスマスを愉快に過ごす事に意味があるのでしょう。

そんな事を考えながらのXmas。 飲めないワインでキリストに乾杯!!

Xmasの楽しみ方って、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

おはようございます

夢旅人さんメリークリスマス!(遅い!)
考えれば考えるほど宗教の世界は不思議がいっぱいですね。
色々と突っ込みたくなりますが、ここでは控えておきます。
でも、ワインを飲みながら盛り上がりそうです♪
お酒の席を楽しまれていますね^^
次はお正月...ですね。 

葉月 #- | URL | 2016/12/28 05:40 - edit

瑞穂の国に生まれて・・・

”葉月” さん、こんにちは

仏教にしても、キリスト教にしても、宗教と捉えると可笑しな事ばかり。
哲学として学べば、其れなりに役に立つ事もある。
私は、無宗教と言えば無宗教者ですが、八百万の神の国に生まれて良かったと思っている。
古事記・日本書紀も、真実ではないが、読み物としては面白い。
一神教だけは、どうしても受け入れられない。
ワインと十字軍なんて悲惨な歴史もある。 一神教ゆえの事でしょう。

夢旅人 #- | URL | 2016/12/28 11:04 - edit

コメントの投稿

Secret