Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

貴人は貴腐ワインを・・・ 

『 ”ドライな世の中” になったね~!!』

L1010408 (4)
          貴腐ワイン 三種を楽しむ

甘口・白ワインを楽しんでいると言えば、初心者だね~との声が聞こえてくるが・・・

ワインが醸造され始めた中世は、甘口・白ワインが最上級であった。

砂糖が普及し始めるまでは、甘い物と言えば蜂蜜や熟した果実であったようだ。

赤ワインは醸造技術が完成されず未成熟の段階で、粗野で美味しいものではなかった

中世の王侯貴族が愛したワインは、甘口・白ワインであった。

第二次世界大戦以後、美味しい赤ワインが完成し、甘口より辛口が好まれるようになる。

現在では、人情須らく温かさを忘れ、氷の如くに冷たくなった。 万事がドライと言う事であろうか。

ワインも御多分に漏れず、”ドライ” が歓迎されるようになった。

世界中でスィーツ・ブームが騒がれている現在なのだから、ワインも甘口・白ワインが持て囃されてもイイ。

あれこれ講釈を垂れ、ワインは赤ワイン・フルボディーだよね~とは、私には腑に落ちない。

赤ワインは渋く酸っぱく濃厚だが、全て(一部を除いて)辛口であるが。

白ワインは辛口から甘口まで、そして極甘口まであり、楽しみも幅が広い。

赤も白も辛口辛口と言われる現在だが、中世の貴人・王侯貴族が愛飲したのは甘口・白ワインだった。

三種類の貴腐ワインを飲んでみたが、やはり甘口・白ワインは私の好みにあうようだ。

気になるのは、本当の美味い貴腐ワインは、余りにも高価すぎて手が出ないのが哀しいところだが・・・

一見、貴腐ワイン(本当か?どうか?判らないが)、と言われる甘口・白ワインを楽しんでみた。

ドライな性格ではなく、人情味あふれる人が好む貴腐ワインの味って、「こんなもんなの~?」




スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret