Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

陽気に誘われて・・・ 

『 11,000歩の、干潟散歩 』

「 世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし 」 在原業平

此の世に、桜の花がなければ、春ももっとのんびりしているのに・・・と桜・桜ばかりが何故モテるのか?

春を告げる花として、辛夷も木蓮もあるではないか!!

春の長閑な日差しを浴びて、久しぶりにペットの ”ららを” を連れて、”谷津バラ園” へと足を延ばした。

バラには時期早々だが、”谷津干潟” を散策するには恰好の陽気だった。


L1010513 (2)
         我が家から、徒歩15分の ”谷津干潟自然公園” へ・・・



L1010502.jpg
          一周、3,5 ㎞ の周回遊歩道を・・・



L1010501 (2)
           所々に設置された ”野鳥観察所”



L1010508.jpg
          対岸より ”野鳥観察センター” を望む

里山・・・それは水と緑と食の、三位一体となった理想郷であろう。

都市型一極集中が加速する中、地方の山里は休耕田が、はたまた山その物までが荒れ果てた。

ラムサール条約に加盟している ”谷津干潟” であるが、鳥たちにとっての此の理想郷も、

人出を介さないと鳥たちの楽園としては、維持できないのが現状であろう。

役所の人手だけでは維持管理は難しく、そこでボランティアの出番となるのだが、参加費が要るなんてどうして~?

野鳥にとっての、水場と餌場の休息地 ”谷津干潟” を散策しながら思う事は、「荒れ果てる日本」。

人にとっても、鳥にとっても、理想郷を維持する難しさって・・・

そんな思いを抱きながら干潟を散策するって、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

こんばんは。 
うーむ、これは考えさせられますね。綺麗なところばかりを切り取っていていいのでしょうか、と自問自答してしまいます。人の手できた理想郷は、人の手で壊した荒れ果てた日本。おかしな話ですね。
それだけに野に咲く花には心を奪われるのかもしれません。

葉月 #- | URL | 2017/04/04 23:17 - edit

花々の語り掛け・・・

”葉月” さん、こんにちは。

谷津干潟はラムサール条約加盟ですが・・・
何故、条約がなされなければ、自然が守られないのか?
人間の危うさを端的に表しているようですね。
繁栄の裏側には、心の荒廃が潜んでいる証拠でしょうか?

今日、散歩していて思うのは、咲き誇る桜にばかり目を向けるが、足元にはタンポポが精一杯頑張っていました。
野に咲く花々が語り掛けてくれるような気がして、散歩もより楽しい物でした。

夢旅人 #- | URL | 2017/04/05 17:00 - edit

コメントの投稿

Secret