Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

ボケたら乗るな・・・ 

『 ”自分だけは”と、思う心が 事故のもと 』

四国八十八か所巡礼の旅を終え、55日振りに帰ってきた友人O氏からお茶でもと連絡が入った。

バック・パッカー並みに20㎏もの荷物を背に担ぎ、野宿をしながらの巡礼だったと言う。

途中、讃岐の国から ”うどん” を宅急便で送り届けてくれた時に、エッまた巡礼にと思ったが、

全行程を徒歩で、半分は野宿と軒下で雨露を凌ぎながらの巡礼だったようだ。

最近はお年寄りの交通事故が多発している。

私の歳を考え、善通寺の交通安全のお守りをと。 そして妻の分までもお土産としてくれた。

そうだよね~、この歳になれば突然の認知症も発生する。 意識だけでは交通事故は防げないのが現状なのか?

そこで、せめてもにと ”交通安全お守り” と ”枯葉マーク” のお世話になる事となるのかね~?

土産話を聞き思う事は、最近の寺と僧侶は如何なものか?と。

巡礼者の中には確かに不届き者もいるだろうが、純粋な気持ちの巡礼者もいる筈なのに、

御接待は期待しないが、巡礼者を邪険に扱う寺と僧侶も増えたと聞く。

宗教者の ”らしからぬ” 者がいるご時世になったのでしょうか、ね。 哀しい事だよね~。


L1010635.jpg
      弘法大師ゆかりの寺 「善通寺」 の ”交通安全” お守り



L1010636.jpg
          珍しい秩父ワイン ”巨峰” 甘口・白ワイン

巡礼土産に ”秩父ワイン” では無いのであろうが・・・

私のブログを見て、甘口・白ワインが好みだと知り、わざわざ巡礼土産の代わりにと頂いた。

「源作印」 ワインは歴史も古く、一時期は経営不振の時代もあったようだが、

ボルドーワインにも負けず劣らぬ高品質との名声を得、いまでは秩父の有名ワイナリーと言われる。

巨峰の爽やかな甘口ワイン。 さてさて何時コルクの栓を抜くとしましょうか。

「酒は飲んでも、飲まれるな」 なんて言われるが、その点私は下戸なので心配はないが、

車の運転だけは年齢を考えるとね~。 まぁ、善通寺のお守りがあるか~なんて訳にもいかぬ。

お守りの御利益を頼みに車を、なんて虫が良すぎるって・・・「こんなもんなの~?」





スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 2 TB: --   

コメント

こんばんは。四国巡礼から無事に戻られたのですね。
それにしても、野宿とは驚きました。現代においては色々とうるさいこともあり、その日寝るところを探すのも一苦労だったのではないでしょうか。
でも、きっとお土産話は尽きなかったでしょうね^^

葉月 #- | URL | 2017/05/25 20:36 - edit

せめて筑波か高尾に・・・

”葉月” さん、こんにちは。

”巡礼ガール” なんて言葉があるか?無いか?知らないが、兎に角巡礼ばやりとなったもんですね。
物見遊山的巡礼も多く、真剣に巡礼している人にとって迷惑が掛かる事も発生していると聞きます。

医者から足が悪いので巡礼も程ほどにと注意を受けているが、亡き妻への供養を兼ねての巡礼だから、車ではなく徒歩で夜は野宿が基本といい、寝袋まで担いでの巡礼だったようだ。

途中、有るお寺の境内の砂を頂き、それも後日計ってみれば10㎏もあったそうで、背に担いだ重さは30㎏にもなったそうだ。

観光業者が募る巡礼の旅は気楽な気持ちで行けるのでしょうが・・・
一度は四国八十八か所巡りは私もしたいと思うが、当然野宿なんて考えもしないが。
巡礼はおろか、筑波山や高尾山にも行けない状態の私には、”葉月” さんの写真で楽しんでいるのが現状です。

二時間半も巡礼の話に花が咲いたのですが・・・
聴けば、秋にはまた巡礼に行こうかと思っているとの事でしたよ。

夢旅人 #- | URL | 2017/05/26 15:40 - edit

コメントの投稿

Secret