Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

ところてん(心太) 

『 清滝の 水汲よせて ところてん 』 芭蕉 (笈日記)

京都嵯峨野・落柿舎 に身を寄せていたとき詠んだ一句。

清滝の渓流で良く冷やされた ”ところてん(心太)” に舌鼓した折の感動の一句であろう。

皿に盛りつけられた心太は、あたかも清滝の清涼な流れを偲ばせるようだ。

天草を煮出した汁を固めたものを、古くは ”こころぶと” と言い、後に ”こころてい” ”とことてん” と変化。

現在でも、”ところてん” を ”心太” と書くのは、その名残であろう。

L1010690.jpg

「 ”ところてん” をどうぞ!! 蒸し暑くなりましたね」  と妻が・・・?

紅葉の若葉が一幅の清涼感をよび、なんの変哲もない ”とことてん” もまた格別な逸品に思える。

芭蕉は、清滝で出された ”ところてん” に・・・

「すゞしさを 絵にうつしけり 嵯峨の竹」 とも詠んでいる。

紅葉の緑に初夏の風を感じながら・・・”ところてん” に、格別な趣を感じた。

”心太” に、風流を感じるって、「こんなもんなの~?」


スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 4 TB: --   

コメント

こんにちは。 ところてん、いいですね!
ところてんに添えられた青紅葉と奥様の言葉が素敵です!

葉月 #- | URL | 2017/06/20 13:52 - edit

”ところてん” は・・・

”葉月” さん、こんばんは。

”ところてん” は今年の初物でした。
子供の頃、”ところてん” は夏の暑い日に、”お八つ” として親が出してくれていました。
お菓子が豊富な時代となり、最近の子供たちには ”ところてん” は ”おやつ” にはならないでしょうが。

”葉月” さんは、高尾山に散歩、好きな風景や草花を撮影する趣味がありイイですね~。
私は、外出する機会もなく (体力不足が原因ですが) 、室内にて撮影するのが精々と言うところでしょうか。

夢旅人 #- | URL | 2017/06/21 20:22 - edit

阿吽の呼吸、

こんにちは、
梅雨の重たさを払拭するような優しい風景が浮かびます 奥さまは未だお若くでしょうに
ご夫婦のまろやかさが感じられて羨ましいです、幾つになっても母を超えられない未熟な私 相方の所為にしたりで情けない ここで一福の清涼をと心の声が聞こえての……好いですねぇ〜。

umi925 #uBX3JtyA | URL | 2017/06/22 11:25 - edit

想い出と共に

”海 925” さん、こんにちは。 コメント嬉しいです。

”ところてん” には想い出が深く、撮影の時、幼稚園に通っていた頃のことを思い出しながら写しました。

戦後、隣の親戚の家で ”ところてん” を作って売っていました。
四角い筒に固めた天草を入れ、就き棒で押し出すのが面白そうなので、ついつい悪戯もしたくなり、悪さをするなと怒られたものでした。

最近の子供の口には合いそうもない ”ところてん” ですが、夏の日には美味しく感じられるものですよね。
何の変哲もない ”ところてん” ですが、記念にと一枚パチリでした。

夢旅人 #- | URL | 2017/06/22 17:32 - edit

コメントの投稿

Secret