Admin New entry Up load All archives

こんなもんなの~?

趣味の写真を添えて、日々の『戯言』を・・・

横浜からクッキーが 

『 鬼燈に 託す心は 父母の供華 』

鎌倉の聖人(?)から、毎年お盆と暮に心遣いの品が届く。

私の健康を気遣って、糖質の少ないチョコレートやクッキー、そして偶に和菓子などが。

お中元とお歳暮を頂いた折には、ハガキで礼状を出すのだが・・・

度重なると、礼状のカット写真と俳句と文面に一苦労する事がある。

とは言え、此の度はどんな写真にお礼の俳句を付けようかと、思案するのも楽しいものである。

お中元を頂いた方々には、今年は上 の一句に、鬼燈のカット写真を添えて恐縮の思いを届けさせていただいた。


L1010706.jpg
        ベルギー王室の特別なおもてなし WITTAMER のクッキー



L1010718.jpg
      ガトー・アンプール(皇帝)を紅茶で楽しむ

”ガトー・オ・ノワ” ”ノーブル ショコラ” ”フィユタージ・アマンド” ”フィユタージュ・ノワゼット”

四種類の焼き菓子が、スマートはボックスに収まっていた。

タルトレットに、キャラメリゼしたアーモンドとカシューナッツも香ばしく、

カカオ生地にチョコチップとミルクの絶妙な組み合わせ、

サクサクに焼き上げ、バターとアーモンドが軽い歯ごたえを楽しませ、

焦がしバターとヘーゼルナッツがカソナードでコクと風味が味わえる。

和菓子には和菓子の楽しみ方が、西洋菓子には又べつの楽しみ方がある。

ベルギーの首都ブリュッセルで1910年の創業し、

ベルギー王室の特別なおもてなしにも採用さる程、有名で愛されている焼き菓子と言われる。

PCの前で、紅茶で喉を潤し、ヴィタメールの焼き菓子を楽しむなんて少々贅沢過ぎるかもね。

心を込めて贈る品々、有難く頂く品々、贈り物は普段は口にできない物(高級過ぎて)が殆どだが、

感謝の気持ちを伝える贈り物って、「こんなもんなの~?」



スポンサーサイト

category: 雑感

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret